WINGに入場する

茶゛碁(Jago)の起動窓
yama-open.gif
茶゛碁を起動すると、まず最初に左図のようなウィンドウが開きます。

下の方にある「接続ボタン」をクリックする。

これでwingのサ−バ−に接続します。簡単でしょ。


接続窓
yama-login.gif
接続ボタンを押すと、接続窓が開きます。
ユ−ザ−名」と「パスワ−ド」の入力を促してきますから、
コマンド入力欄に入力しリタ−ンキ−を押します。
Wing に未登録の方は、
入力欄にguestと入力してwingに入ります。


[左図の入力欄の説明]
(1)コマンド入力欄
(2)入場者検索の条件入力欄
(3)ゲ−ム番号入力欄

[ボタンの説明]
入場者:今接続している利用者の一覧を表示。
対局一覧:現在進行中のゲ−ムの一覧を表示。
覗き見:指定したゲ−ムの進行をみる。
状態:指定したゲ−ムの現在の最終図の表示。
観戦:指定したゲ−ムの進行をみる。観戦者同士で茶々を入れる。





ここで、入場者ボタンを押すと碁会所の入場者の一覧窓が出ます。

入場者窓
yama-pop.gif
入場者の中から、お話ししたい人、対戦したい人をクリックして、ハイライトさせます。
必要に応じてポップアップメニュ−を選択します。 入場者窓の上でマウスの右ボタンを押すと、左図のポップアップメニュ−が現れます。
「対局」を選択すると対局条件設定窓が開きます。


[ポップアップメニュ−の説明]
話す(tell):相手(この場合は、robot3)と話す専用窓が開きます。
対局:相手(この場合は、robot3)に試合を申し込みます。対局条件設定窓が開きます。
個人情報:(この場合は、robot3)の登録情報を表示します。
手合割:相手(この場合は、robot3)との適正な試合条件を表示。
戦績:この人(この場合は、robot3)の戦績を表示。

中断棋譜:この人(この場合は、robot3)の打ち掛けで保存されているゲ−ムを表示する。
(1)入場者の状態
(2)観戦しているゲ−ム番号
(3)自分がやっているゲ−ム番号
(4)登録名
(5)アイドリング時間
(6)段級位




観戦をする

接続窓の対局一覧ボタンを押すと、下図の対局一覧窓が開いて、 現在進行中のゲ−ムの一覧が表示されます。
このゲ−ムを観戦する方法は2つ有ります。

一つは、下図の対局一覧窓で、観戦したいゲ−ムをクリックしてから、下の観戦ボタンを押します。
もうひとつは、接続窓の(3)ゲ−ム番号入力欄にゲ−ム番号を入れてから、その横の観戦ボタンを押します。
対局一覧窓


すると、碁盤が現れます。
「図−04」

対局の申し込み

入場者窓からゲ−ムの申し込み
yama-pop.gif
入場者の中から、対戦したい人をクリックして、ハイライトさせます。
入場者窓の上でマウスの右ボタンを押すと、左図のポップアップメニュ−が現れます。
ポップアップメニュ−の「話す(Tell)」をクリック。
すると、会話用の窓が開きます。
yama-tell.gif 文字入力欄に「1局お願いします。」などと入れてリタ−ンキ−を押すか、「話す(tell)」ボタンをクリックすれば相手に送信されます。
相手からの返事は接続窓に表示されます。これで会話をします。
慣れてきたら、接続窓の入力欄で直接tellコマンドで会話した方が早いです。
相手がOKしたら、ポップアップメニュ−の「対局」をクリックします。
すると下図の試合条件設定窓が開きます。



試合条件設定窓
yama-match.gif
対局条件設定窓で条件を決めて、対局ボタンを押せば、
相手に申し込みが届きます。
相手がこれを承諾すれば、碁盤が現れます。
後は、マウスで石を置いていけば、ゲ−ムが出来ます。

終局処理だけは、よく覚えてください。特にハマの取り上げ方について。
下記の[ちょっとご注意]を必ず読んでください。







ちょっと、ご注意!

インタ−ネット碁が、全く初めての方は、 Wingの日本語ホ−ムペ−ジ「会員の部屋」にある「wingの歩き方」を一通りご覧になってから、ゲ−ムを始めましょう。

相手の方と気持ちよくゲ−ムをするには、一応の知識も必要です。
そうすれば、この茶゛碁が難しいコマンドを隠してくれて、
如何に手軽にインタ−ネット碁を打てるようにしてくれているかも、分かります。


終局処理だけは、よく覚えてください。特にハマの取り上げ方について。
「茶゛碁とうぃんぐ」に画像入りで丁寧な説明があります。