コオロギの通販と飼育     ご注文はこちら

 餌用コオロギ
 現在、爬虫類、両生類、小動物、小鳥などの餌として市販されているコオロギは、周年繁殖のできる「ヨーロッパイ
 エコオロギ」と「フタホシコオロギ」の二種類です。
 その他にも周年繁殖できるコオロギは、「カマドコオロギ」「タイワンエンマコオロギ」「タンボコオロギ」「ヒメコガタコ
 オロギ」「マメクロコオロギ」や「スズの仲間」など、多種ありますが、いずれもヨーロッパイエコオロギやフタホシコオ
 ロギと比べ、成長が遅い、ジャンプ力が強く取り扱いが難しいなどの理由で餌用コオロギにとしては、今のところ
 普及していません。

 ヨーロッパイエコオロギ
オス    メス
 西ヨーロッパのパン工場や家の中など、一年中暖かな場所に住み着いて居たため「ヨーロッパイエコオロギ」「ハウ
 スクリケット」呼ばれていますが、ドイツの文献によると原産地は北アフリカ地域と記載されています。

 このコオロギは、気温が高く乾燥した気候に適応した性格を持つため、比較的水切れに強く丈夫で飼育しやすい
 種類です。ヨーロッパでは昔から両生類、爬虫類の餌昆虫として飼育されてきましたが、日本に入ってきたのは
 十数年前のことです。

 現在は日本各地で飼育されていますが、高い気温(30℃)と乾燥した環境(湿度40%〜50%)を好むヨーロッパイ
 エコオロギにとって雨が多く多湿で、冬寒い日本の自然環境は非常に厳しく、野外で繁殖することは大変厳しいよ
 うです。

 オスの成虫は20mm、メスは25mmに成長しますが、過密飼育、餌不足、低温で飼育すると小型化します。
 成熟したメスは、毎日100〜200位の卵を土の中に産みつけます。卵は30℃で保管すると約12日で孵化し
 ますが温度が低いと孵化は大幅に遅れ、20℃以下では孵化率も低下します。
 孵化した幼虫は、数回の脱皮を繰り返し約32日後に成虫に成ります。

 フタホシコオロギ
オス    メス
 フタホシコオロギの生息地は、東南アジアの熱帯地域です。日本では沖縄、南西諸島に棲んでいます。

 石垣島にコオロギの採集旅行に行ったとき、牛の放牧場の脇に積まれた枯れ草の下で採集したことがあります。
 野生のフタホシコオロギは、全身真っ黒で黒光りしていました。二つの紋は、オレンジ色に輝き飼育種とは別種
 ではないかと思うほど綺麗です。
 この美しさを温室で再現しようと飼育繁殖を試みましたが野生種のような美しいコオロギを育てることはできませ
 んでした。集団よる過密飼育と光(太陽光)不足が原因ではないかと思います。
 高温多湿の熱帯地域に棲むフタホシコオロギはの飼育は、乾燥、蒸れ、水切れに弱いため、ヨーロッパイエコオ
 ロギより難しいです。しかし、ボリュームのあるサイズとジャンプ力が弱く逃げ足のが遅い、という餌昆虫に適した
 特徴をもつため、様々な飼育動物の餌昆虫として普及しています。

 オスの成虫は25mm、メスは30mmに成長しますが、過密飼育や野菜中心の餌で飼育すると小型化します。
 卵は約10日で孵化します。孵化長後の幼虫は3mmくらいで全身真っ黒です。餌と水を切らさないように注意して
 気温25〜30℃の環境で育てると30日後には成虫に成ります。

 ヨーロッパイエコオロギの購入

 餌用コオロギを手に入れるには、最寄りのペットショップやホームセンターなどで購入する方法と餌コオロギ専門店
 の通販を利用する方法があります。

 ペットショップ、ホームセンターを利用する場合は、販売しているコオロギのサイズを確認して少量でも購入できる
 メリットがあります。
 しかし、販売店までの交通費がかかる、大量購入できない、サイズが限られる、高価などのデメリットがあります。
 コオロギの通販専門店を利用するとサイズが豊富、100から数千匹単位で購入できる、安価、指定日時に自宅で
 受け取れるといった利点もありますが、現物を見ることができないため、どのサイズを注文したら良いのか分かり
 難く、また送料などの経費がかかるといった問題点もあります。

 コオロギを少量必要な方は、餌、水、温度管理の行き届いたペットショップで購入するのが良いと思います。
 但し、管理が悪いお店のコオロギは購入後次々と死ぬことがあるのご注意ください。

 いろいろなサイズや100匹以上のコオロギが必要な方には安価なコオロギ専門店の通販をお勧めします。
 専門店で通販購入する場合は、それぞれの店によりサイズ表示が違います。また価格、送料などのサービス
 内容も異なります。ホームページをよく読み納得した上で注文しましょう。
 サイズの選択で迷った場合は、1サイズ小さいコオロギをお勧めします。
 もし、小さすぎても飼育すれば大きくなるので使うことができますが、大きすぎると食べることができず無駄になる
 恐れがあります

 通販というと、小さなコオロギをトラック便で輸送することに不安を感じる方もいると思いますが、コオロギは意外に
 丈夫で着死(到着時死んでいた)することは殆どありません。また、万一着死しても殆どの店が着死分を再送してく
 れますから安心です。

 通販で購入した場合、コオロギが到着したら直ぐ飼育ケースに移して水と餌を与えて下さい。
 夏は梱包したまま長時間放置すると蒸れや水分不足で衰弱することがあります。
 また、冬はカイロで保温して送られてきますが、カイロの保温能力に限りがあるため体が冷えて動けなくなり、
 死んでいるように見えることがあります。
 到着時にコオロギが動かないときはすぐ25℃〜30℃に温めてあげましょう。

 ヨーロッパイエコオロギの飼育

 飼育容器は、数百匹以下の少量の場合はサイズが豊富で値段も安いプラケースをお勧めします。ケースは小さす
 ぎると過密飼育になり、共食いをして短期間に数が激減してしまいます。飼育ケースは飼育するコオロギのサイズ
 と数に見合ったできるだけ大きな物を用います。
 飼育温度は25〜30℃が適温。これより低いと成長は遅れ、15℃以下では次第に衰弱し、死にます。

 
 冬は飼育ケースの下にパネルヒーター(ピタリ適温など)を敷き暖めます。
 このパネルヒーターは、無風で気温5℃の場合、プラケースの底面を20℃位まで暖める能力があります。
 サイズも数種類販売されていますので飼育ケースの大きさに合ったモノを選びましょう。

 ヨーロッパイエコオロギは風通しのよい乾いた環境を好みます。通気性が悪いと結露を起こし、その水滴が糞を
 濡らしてアンモニアが発生してコオロギが全滅することもあります。蓋は必ず通気性の良い物を使いましょう。
 ヨーロッパイエコオロギのジャンプ力は思い切り頑張って飛んでも30cm程度です。深さが50cm以上あるケー
 スなら蓋は必要ありません。

 湿度60%以上の環境で糞を溜めたまま長期間置くとダニが発生します。頻繁に掃除して清潔な環境で飼育し
 てください。

 
 ケースの中には、水を飲むための小皿か給水タンクと隠れ家になるシェルターを入れます。
 水は非常に重要で、3日以上切らすと全滅することがあります。このような事態を避けるには、毎日水を補給しない
 といけませんが、給水タンクを用いると、数日間水を補給する必要が無くなり、大変便利です。
 ヨーロッパイエコオロギは濡れるのが大嫌いです。コオロギに直接霧吹きすると弱り全滅する事もあるので、霧吹
 きは絶対行わないでください。

 
 シェルターは、コオロギの居住空間を増やすための物です。歩きやすい紙製の物なら卵パック、ポット型シェルター
 厚紙など何でも構いませんが、卵パックはコオロギが逃げ回り、取り出すのに苦労します。ポット型シェルターは、
 ポットの内側に潜んだコオロギをポットと一緒にソッと取り出し、振り落とすと必要量を簡単に捕まえることができて
 とても便利です。

 新聞紙や雑誌のような薄い紙は、囓って食べてしまいます。このコオロギを飼育動物に与えると印刷用インクなど
 の化学物質を間接的に食べさせることになります。新聞、雑誌など、印刷物の使用は避けましょう。
 シェルターは脱皮の際の共食いを防ぐためにも大変重要な役割を果たします。できるだけ沢山入れるようにしてく
 ださい。


 コオロギは雑食性です。ドックフード、キャットフード、熱帯魚飼料、野菜、果物など何でもよく食べます。
 コオロギをペットとして飼育するのであれば、これらの中から嗜好性の良いものを選んで与えます。

 しかし、コオロギをペットの食材とする場合、コオロギの餌は慎重に選びましょう。餌からコオロギの体内に取り込ま
 れた成分の一部は、そのままペットの体内に入り健康を害する原因になることもあります。ペットの健康を第一に
 考えるのであれば「経済的、嗜好性が良い」などという安易な理由で餌を選ぶのは止めましょう。

 卵殻カルシウム    
 コオロギにカルシウム添加剤をまぶして与えると、飼育中に不足しがちなミネラルを補うことができます。
 いちいちまぶすのが面倒なときは、カルシウム添加剤をコオロギの餌に混ぜて食べさせれば、間接的にカルシウ
 ムなどのミネラルを与えることができます。
 市販品の中には、ビタミンDを含む物が販売されていますが、与えすぎるとビタミン過剰摂取となることもあります。
 与えすぎにご注意ください。