鮎エサ釣り歩き!(^u^v

Counter


鮎エサ釣り2009年版は、こちら!

鮎エサ釣り2010年版は、こちら!

鮎エサ釣り2011年版は、こちら!

鮎エサ釣り2012年版は、こちら!

ネット友の鮎エサ釣り動画2004!

鮎エサ釣り2013年版は、こちら!

鮎エサ釣り2014年版は、こちら!

鮎エサ釣り2015年版は、こちら!

鮎エサ釣り2016年版は、こちら!

鮎エサ釣り2017年版は、こちら!

…6月4日便…
昨日の月曜日、店が定休日だというのに、私はPもせずに、釣り場へ直行!(自爆

鮎のエサ釣りが最近、本当に好きになってしまった私です。
友釣りに夢中になっていた私は一体、何処へやら!?
きっと、体力的に楽な釣りへと移って行くんでしょうね〜!(^u^c

さて、この日の釣り場はA川の「U橋下」でした。
今回は、U橋近くのIさん(三保のサヨリ釣りで知り合った方)に、ニジマスの甘露煮をお届けする目的もあったので、釣り場も自ずから、ここになったという次第。。。
少し、安易かも!?(笑

釣りは5時半頃から始めました。
本当は、もう少し早い時間からのほうが良いですよね。
でも、早朝の鮎の食いは抜群で、3時間も釣る頃には60匹を超えていた釣果です。

しかし、一日中、この食いが”活発食い”が続くはずがありません。
何しろ、川は条件が悪いのです!
友釣りには適した石アカが、べったりと石や岩に付き、水温の上昇とともに、鮎は主食である石アカのほうへと向かって行き、釣りエサには見向きもしなくなります!
しかも、川の透明度は澄み、澄み、澄み〜のカンカン澄みです!
加えて、お天気は、最上級のカンカン照りときています!
これでは、さすがの釣りキチさんもお手上げ状態で、万歳三唱を繰り返すばかりです。(笑
あとはもう、お得意の”お誘い釣法”で鮎を振り向かせ、釣り上げるしかありませんよね。(爆

で…
”お誘い釣法”が功を奏したのか、お昼の時間帯には、私の釣果は100匹に達していました。(^u^v

けれども、お昼を過ぎた頃にはもう、どんな”お誘い釣法”にも乗って来る鮎はいませんでした。
こうなると、あとはただ、「歩け、歩け!」の”歩き釣り釣法”しかありません。
暑い日中を、「日中友好のため!?」と歩き続ける私でした。(自爆

結局、この日は、勝手に釣れた朝まづめの60匹と(笑)、”お誘い釣法”の40匹何がしかと(爆)、最後の切り札!”日中友好のための歩き釣り”で得た20匹ほどを合わせて(笑)、計127匹の釣果に落ち着いたわけでありました。

マァ、こんなものでしょう。
今年、初の鮎釣りだったのです。許してチョンマゲ!(^u^c



…6月6日便…
昨日は、再度、A川でのエサ釣りでした。
本当は私、W川で釣る予定だったのです!
が…

夜中の2時起きで(エ〜ッ!?)、何故か、子供の、遠足前夜のような興奮をして?…
それで、3時頃には家を出て(エ〜ッ!?まだ早いよぉ〜)…
誰もいない釣り場近くの空き地に、3時半前には着き、車を停めて、「よし、一番乗りだ!」と喜んだのも束の間!?…
なんと、土手上から覗き込んだその先に、「川は無かった」のでした!!

去年は確かに、車を停めたこちら側にW川の流れはあったのですが…
が、が、が…
今年はW川は、気分を変えたかったのか、どうか!?
車を停めた向こう側(対岸側)に、その流れを変えていたのです。
「下調べ」をしなかった私が悪いのですが、もう、あとの祭り。10月のヒナ祭り、ピーヒャララ、です。

W川は中河川ですが、その川幅は結構あります。
歩くのをためらった私でした。
いぇ。歩くのが嫌だった訳ではありませんが、その水量さえ分からぬまま歩くのは時間のロスと考え、二の足を踏んだのです。

で、二の足を踏んだ足でアクセルを踏み!?(^u^v)、一路、A川を目指した私でした。
朝まづめの食いの良い時間帯を、ウロウロ・キョロキョロしているわけはいかなかったのです!

車を走らせながら、「あぁ、W川も、対岸側の駐車スペースさえ分かっていればナァ…」と、一人後悔をし、航海ならぬ後悔をし? 一人車を走らせる私なのでした。(自爆

さて、釣りです!
急げ、急げのイソゲンチャクです。(一人、バカウケ!

そのイソゲンチャクで、素早く釣り支度をし、ヌンチャクなどは持たずにズボンのチャックはしっかりと閉め!?
さぁ、重たいクーラーBOXを持って出発じゃぁ〜!

ハイ。重たいクーラーBOXはこの際、必需品なのです。
一日中を川で過ごす私にとっては、「氷」は何物にも代え難い貴重品なのです。
「氷」のたぁぁ〜ぷり入ったクーラーBOXは、ハイ、実際!必需品なのです。
炎天下を、鮎を傷めずに持って帰れるのはこのクーラーBOXのお蔭なのです。
まさに、クーラーBOX…お蔭様・様なのです!

と、くどいクーラーBOXの説明を終りまして(笑
いよいよ、釣り開始です!

ア、もう、1匹釣れました!!
釣りキチさんは早いのです。何がって?それは釣るのが早いのです。
他のほうが早いと、女性に嫌われます。(ご同意の方は、爆笑願いますぅ〜 アラモの砦とも言います〜
「アラ、も〜」!?(激爆〜

最近私は、”ラセン仕掛け”を愛用しています。
このラセン仕掛け、”釣ラセン!”と言いながら、結構良く釣れますよ。(^u^v
「釣る線」のほうが良いネーミングかもね。
オッと、また脱線しました〜

釣果は、昼までで50匹でした。
いぇ。言い方を変えますと、50匹釣るまではお昼にしなかった私でした。(自爆

天気は上々でした。頼んでもいないのに…。(自爆
もっと下品に、いやらし〜い空模様のほうがいいのにな…などと思っている私でした。

川のほうが、これまた上品で、前回にも書きましたが、カンカン澄みの石アカべ〜〜ったりで! もう、非の打ち所の無い、”川模様(友釣り仕立て)”でありました。
何が悲しくて、こぉ〜んな川の条件(悪条件下!)でエサ釣りをやるのでしょう!?
そんな人の顔が見たいものです!(大爆ッ

で、そんな人は(爆)、懸命に歩き釣りをしていました。
ハイ。御存じの、「日中友好・日中は歩け歩け釣り」でした。(笑
歩け歩けで、八甲田山ならぬ、「発光だsan」の真下を歩き続ける私だったわけです。
懸命に、日中を、日中もサッチも行かないナァなどとぼやきながら…
それに加えて…
足の皮を、目一杯ずるむかせながら、歩き続ける私でした!(原子爆〜ッ

朝の4時から釣っていたずるむけさんです。(爆
今はもう、夕方の5時半ですぅ!
しかし、まだまだ竿を納めようとしないずるむけさんでありました!
一体、そんなに粘る頑張る理由が、どこにあるのでしょう!?
それは…

ずるむけさんは、100匹の釣果が欲しかったのです。
それ以下だと、好釣果とはみなさない人だったわけです!
ヤマメだと30匹。友釣りだと50匹。そうして鮎のエサ釣りだと100匹をオーバーしないと、「貧果!」と嘆くばかりのずるむけさんだったのです。
「貧果」という言葉を絶対に、口にしたくなかったずるむけさんでした。。。

しかし、結局、94匹しか釣れなかったずるむけさんでありました。
いくら粘っても、頑張っても、それ以上の鮎は釣れなかったのでした。
疲労困憊!もう、歩く元気も無いずるむけさんは、クーラーBOXに寄りかかって釣っていましたよ。(爆ッ
目はうつろとなり(爆)、頭はかすみ(爆々)、竿を振る手もヘ〜ロヘロでした!!(大笑い
無理もありませんよね。
もう、かれこれ、14時間も竿を振り続けているのですから…。

とうとう、ずるむけさんは、「貧果だ〜!」と言わざるを得ませんでした。

ずるむけさんに拍手はいりません。
それよりも、ずるむけさん用に、ずるむけ箇所を治すキズ薬をくださ〜い!(大爆

鮎は、川ん中に、たぁぁ〜〜と(静岡弁)居ますよ!!
踏んづけるくら〜い居ますぅぅ〜!!
でも、狙っても、踏んづけられませんけどね。(笑

とにかく、今は、一雨待ちでしょう。。。
一雨降ったら、釣りキチさんちのラセン仕掛けを持って、釣りましょう!(笑
U橋の下へ、そうして今日の私の釣り場、a川出合いシモの”第二高速”の前後へGO!してください。
きっと、良い釣果が得られることでしょう!!

それでは、また、次回!♪

私が使っている「鮎エサ釣り仕掛け」は、こちら!


…6月15日便…
さてさて、昨日は”U橋の下流”でした。
やっぱり、U橋の下流域でした(^u^

天気は曇天。
合羽を用意したくらいでしたが、結局、雨は降らなかったです。

そんな中…
朝の5時半から釣り始め、夕方というか…夜の7時近くまで粘って…
釣果は129匹でした。
あと1匹が、なかなか釣れない夕まづめでありました(汗

型は、この時期にしては大きめで、その引きを堪能した私でした。
話に聞くと、W川は型が小ぶりなようです。
これが、私がまだ、W川へ行かない理由でしょう。。。

とにかく、A川は型が大きめ!
皆さんも、A川へ行きましょう!(^u^v


…6月18日便…
昨日は、釣り場は、”U橋の下流”でした。
え!?
ま〜た、”U橋の下流”ですか?(笑

U在住のお客さん(Iさん)から情報が入り、60匹釣った!という事です。
「釣りキチさんなら、200匹は釣るでしょう」と、そのお客さんです。
これは、大変なプレッシャーをかけられてしまった私です!(笑

確かに、川の条件は良かったです。
かなり増水気味でしたが、薄く濁りが入り、これなら釣れる!の川相でした。

しかし…
(濁り川の)早朝4時からの釣りは早すぎたのでしょうか!?
40分かけて1匹。1時間かけて、やっと2匹目を釣るというのが現実でした。

この日は、夜中の2時前に起きてしまい、かなり睡眠不足の私でした。
待ち合わせ時間の3時半には同行のお客さん(酒屋のTさん)も来ましたが…
もう、釣りをする前から、疲れていた私でした!(汗)&(^u^;

でもでも…!!
釣りキチさんは、「宝の山」を探し当てたのです!
最初に陣取った場所から少し下流の、ウンとウ〜ンと浅いポイントに鮎は群れていたのでした!
そんな宝の山を見つけた釣りキチさんは、もう、眠いなんぞと言っておりません。
疲れた頭と体は何処かへ吹き飛んでいき、夢中で、お宝を、クーラーBOXに詰め込んでいる釣りキチさんでありました。(大笑い

ですが、50匹の鮎を釣る頃…
ズーッと下流に居たU地区のIさんが、私を迎えに来てくれました。
「釣りキチさん。シモのほうが鮎が大きいですよ。よく釣れますよ〜」と、私を誘いに来てくれたのです。
今釣っている場所も、まだまだ釣れると踏んでいた私でしたが…
それでは!とIさんについて、シモのポイントへ行ってみることにしました。
まだ、大荷物の大型クーラーは、宝の山の前に置いたままでした。(笑

よく釣れました!
Iさんの言う通り、行って10分もしないうちに7匹の釣果を上げていた私です。

これは!と…
早速、同行のTさんを呼びに行った私です。
Tさんも最初、私と同じ場所で釣っていたのです。

U地区のIさんにTさんを紹介し、一緒に釣ることを快諾していただきました。

ここから、3人の”入れ食い状態”が始まったのです!
もう、3人とも、無口で釣り続けていました!(笑
時々、思い出したかのように、誰かが誰かに声を掛けてはいたのですが…。(^^

「9時頃まで釣りますよ」と言っていたTさんでしたが…
その、あまりの釣れ具合に、とうとう昼近くまで釣っていました。
無理もありません。こんなに釣れれば楽しいのです!
帰り際、Tさんは、「これだけ釣れれば十分!」と満足げでありました。

U地区のIさんは、「ちょっと用事を済ませてきます。午後、また来まーす」と言って、9時半頃に一旦、竿を納めていました。

こうなると? この好ポイントは?
私の一人占め〜〜です!!
私の、独壇場でありまっす〜〜!!(笑

さぁ釣れ。やれ釣れ。どんと釣れ〜〜!!
と…
頑張って、鮎のメロン香(か)を楽しむ私でした。(笑

「釣りキチさ〜ん。全部、釣ってしまわないでね〜」と言っていたIさんでしたが、そんなIさんの言葉は忘れていた私です!(笑

私が130匹を釣る頃(午後1時過ぎ)にIさんは戻って来ました。
そうして、第一声は、「もう、全部、釣っちゃったでしょ?(爆)」でした。

「鮎は、まだ居ます。湧いてきますよぉ〜」と言う私の言葉なんか、ぜぇ〜んぜん、聞いていないIさんでした。
Iさんは、「上流のほうを釣ってきます」と言って、去って行ったのです。
鮎は、この場所に、まだまだ居るのになぁ〜〜(^u^

Iさんが再び、戻って来たのは1時間半くらい経った頃でした。
私はこのとき、150匹以上を釣っていたのです。

ニッコリ笑って、Iさんが私のすぐ下流側で釣り始めました。
「コマセ」が効いているのを知っているからです。(笑

Iさんのニッコリは、やがて、高笑いと変わっていきました。
入れ食いなのです!(笑

A川のU橋下流域に、二人の高笑いが延々と続きました!(猛爆

私はこの日、かなりの寝不足でした。
釣りしている途中も、何度も何度も立ったまま寝てしまいそうになりました!(激爆
頭の芯が朦朧としていました。
もう、ロウ状態です!?(笑
何かが芯に火をつけると?…
例えば、ビールなんか飲むと、すぐ〜に溶けてしまったことでしょう。(大笑い

そんなこんな、いろいろと頑張って…
私の釣果はついに、200匹の大台を超えました。
午後5時7分21秒の達成でした。
時計を見たから間違いありません!(笑

Iさんが得意げに、「ね。私の言った通りでしょ?」と言いました。(^^
そうして、「おめでとう!♪」とも言ってくれました。

釣りは、午後6時過ぎまで続けられました。
Iさんも、ギリギリまで、お付き合い?をしてくださったのです。
勿論、高笑いしながらです!(^u^v

こうして、6時18分3秒には、私の釣りは終了しました。(^u^

最終釣果、214匹でした。

お疲れさま!
Iさんに、Tさんに、自分に、そして…
一所懸命にエサを食べてくれた、鮎さんに…
お疲れさま!


…6月20日便…
今日は、半日釣り(6時間)でした。
朝4時半に釣り始めて10時半には納竿したのですが…
雨が降り始めたからです。それも土砂降り!!
ドシャッ ドシャッと、本当に土砂が降ってくるかのような勢いの雨でした!(^u^;

私が納竿した理由は、雨だけではありません。
石アカが川底にベッタリと付いていて、これ以上、エサ釣りには不向きと判断したからです。

それでも、朝のうちは食いが良かったので、72匹の釣果を上げる事ができました。
今日の条件下では、上々の出来でしょう。

今日は、「別の収穫」もありました。
「新・ウキ」のテストに成功したのです!
今まで、下ラセン仕掛けのウキは”差し込み式”だったのですが…
今度のウキは、「玉ウキ・中通し型」なので、絡みがまるでありません。
今日の釣果も全て、このウキ仕掛けで釣りました。
手作りウキの勝利だったのです!(^u^v

しかし…、思えば…
あの”糸鳴り”はなんだったのでしょう!?
大型鮎のような、ヤマメのような、はたまたニジマスのような強烈引きでした!
結局、針のスッポ抜けで取り逃がしてしまいましたが、あぁ、あの魚…顔を見たかったなぁ!!

私が使っている「鮎エサ釣り仕掛け」は、こちら!


…6月24日便…
大苦戦の80匹! A川。晴れ。13時間の釣り。


…6月26日便…
A川。終日雨。良型交じりで190匹。良い場所を発見!♪


…6月28日便…
W川。曇り〜晴れ。小型多し。14時間半の釣りで293匹。


…7月1日便…
やっと165匹!…W川。
朝方は雨が降っていて食いも良かったが、天気の回復とともに食い渋り!
夕方まで粘ったが、ついに165匹釣果にとどまる。。。


…7月3日便…
頑張って400匹!…W川〜A川へ転戦しての成果。
朝の3時間ほどをW川で釣り、A川へ移動。これが正解だった!
1時間36匹のペースでコンスタントに釣れた!
こんな事なら、最初からA川で釣れば良かった!?


…7月5日便…
この日は、やや食い悪し。
朝イチからA川(前回と同所)へ入ったが、条件の変化で苦戦。
14時間の釣りで、なんとか241匹まで釣果を上げたが…
あまり、大釣果も期待できなかったので(?)…A川の写真をデジカメに収めてきました。
川釣りページの上段のほうにありますから、見てくださいね。。。


…6月4日〜7月5日までのエサ釣り全釣果…


6月4日 A川 127匹
6月6日 A川  94匹
6月15日 A川 129匹
6月18日 A川 214匹
6月20日 A川 72匹(半日)
6月24日 A川  80匹
6月26日 A川 190匹
6月28日 W川 293匹
7月1日  W川 165匹
7月3日 W川〜A川 400匹
7月5日  A川 241匹

計10.5回の釣行 総匹数2005匹 一釣行平均190匹

一釣行平均が、まだ200匹にならない!!
ん〜 残念!(笑
200匹平均にするには、次回、何匹釣れば良いのだろう!?(^u^
200匹×11.5回−2005匹=295匹
チーン! 295匹釣れば良いと出ました〜!(自爆

では、295匹を、14時間で釣るには?!
チーン! 1時間当たり21匹を釣れば良いと出ました〜!(笑
んっ。これは、栄養ドリンクを2本は用意しなくちゃ!(猛爆

皆さんも、頑張ってくださいねー!(^u^v

私が使っている「鮎エサ釣り仕掛け」は、こちら!


…7月19日便…
7月8日はA川でした。7月18日も?…A川でした。(^u^v
とにかく、A川へ。
ちょっと寝坊をして、5時過ぎからの釣り始めです。

この日は、よく食いましたよー!!
水が澄み加減なのに、水量も平水の2割増くらいなのに…
何故、こんなにも食いが良いのだろう!?
釣歴30数年の私にも、その原因が分からない。
と…本当は、「台風の襲来」を察知して、鮎の食いが活発になっていたのでした。
鮎は、【気圧】で異変を感じ取るのでしょうか?(^u^?

それで…
例によって、夕方の6時半過ぎまで釣って釣果は357匹でした。
「語呂」の良いところで切り上げた私です。逆に読めば【753】だからです!(笑)&(^u^v

きょうは、13時間半くらいの釣りだったので、少し楽だったかな?(笑

それにしても、この日は暑かった!!
ジリジリ、照り照り!! 体が焼けて腕には水ぶくれが突出!
あぁ〜 鮎は、釣られてくる鮎は水ぶくれくらいでは済まず…
顔じゅう、ぶくれっツラであるんだから…
私は我慢しなければね。(^u^

また次回も、これからの釣りも、暑くなるのでしょう。。。


…7月19日現在…
A川もW川も、エサ釣り不可能です。(U地区のお客さん情報)

川の回復につれて、好転しますし、大釣りが期待できるでしょう!


…7月25日便…
やっとの思いで、90匹!

23日に、足の怪我以来、久しぶりに釣行しました。
が…
朝一番の場所探しから、夕方の納竿時まで、苦労・苦労の連続でした。
最初に見に行ったW川は釣り不能で、次の下見のA川も全く、釣り不能!
諦めて、再度、移動!!
なんとか、a川のミニ・スポットを見つけ出し、ここで釣り始めました。。。

例によって、朝のうちは食いが良かったものの、大した釣果は無し。
それで、移動〜移動の連続で、a川の橋下流域は全部、釣った私でした!(^^;

夕方の荒食いに救われた格好で、なんとか90匹の釣果を得た私でした。

でも、あ〜ぁ! 平均釣果を落としてしまいました〜!(汗&苦笑!
次の釣行は、何が何でも、300匹以上釣らねば!!
悲壮な覚悟の私です。(笑

私が使っている「鮎エサ釣り仕掛け」は、こちら!


…7月26日便…
W川。263匹。
A川まだ釣り不可能。


…7月29日便…
W川。172匹。
A川まだ釣り不可能。


…7月31日便…
W川。145匹。
A川ま〜だ釣り不可能!(^u^;


…8月3日便…
W川〜A川〜a川。71匹。
猛・苦労!の1日でした。(^u^;
正味9時間の釣り。


…ここまでの総釣果3103匹。(16.5回釣行)
一釣行平均=188匹どわぁ〜!
ウェ〜ン!(笑


…8月5日便…
a川。145匹。


…8月7日便…
a川。78匹。


…8月9日便…
a川。126匹。


ここまでの総釣果3452匹。(19.5回釣行)
一釣行平均=177匹どわぁ〜!
ウェ〜ン!(笑


…8月12日便…
a川。80匹。


…8月16日便…
t川〜a川。66匹。
15〜17cmの良型が30匹!(^^v
特別解禁でt川へ行ったが、N橋下流での1時間の釣りはボウズ!
止む無く、K橋シモへ入ったが、川遊びの多さに辟易!!
辛くも、15〜17cmを17匹上げたが…
もう、二度と、あの近辺への特別解禁釣行はやめた!!

午後1時からは、a川の上流部へ行き…
静かな釣りを楽しむ事が出来た。(^^v


…8月20日便…
a川。108匹。
13日の13号大型台風で、かなり増水し、上流部の釣りは困難。
いつもの場所(下流部)へ移動し、上記の釣果を上げた。
「弟子の青年」も25匹の釣果。めざましい進歩である!


…ここまでの総釣果3706匹。(22.5回釣行)…
一釣行平均=164匹どわぁ〜!
ウェ〜ン ウェ〜ン!(爆


…8月22日便…
a川。87匹。
やっとやっとの87匹!
下流で釣り(49匹)、上流部へ行き2時間で4匹の貧果!
再び、下流へ戻り、暗くなるまで粘って34匹。
うわぁ〜 疲れた!!
1時半から3時半近くまで、昼寝と、監視員さんとの長話。(^u^


…8月23日便…
a川(半日)。38匹。
最悪のエサ釣り日!!
この日も5時から釣り始めたが、1匹目が釣れたのは5時45分!
それまでは、ハヤ、ハヤの猛攻!(^^;
他の人たちも釣果は芳しくないようで、8時半頃には私の貸し切り状態。
と、そのうち、雨は降って来るわ…
鮎の食いは相変わらず悪いわで…
とうとう、やめることにした。
11時半過ぎである。

車中で、クシャミを何度かしながら(笑)、我が家へと電話を入れると…
「今、Nさん(この人も私の弟子)が釣り場へ向かったョ」と、カミさんの声である。
「え?! タイミング悪いなぁ〜」の私。
Nさんは友釣りとエサ釣りの両方を用意して行ったようだが…
今日の川状況では無理だろう。。。
私は、踵を返してNさんと釣ることも考えたが…
もう、今日は、体が言う事をきかない…。(^u^;

夜、Nさんに電話を入れると、夕方の4時半には帰宅していたとの事。
釣果のほうは、やっぱりダメだったとの事。
また、良いときに、ご一緒しましよう!(^u^c


…8月26日便…
t川。61匹。
a川が駄目ならt川があるさ!
と…意気込んで行ってはみたものの…
特別解禁で懲りたはずのt川は、やっぱり!?
私に苦労という名の教訓を与えてくれました。
貧果という名の京君です。(自爆

午前中28匹。
午後33匹。

途中、上流部へ、様子を見に行った私でした。
そして結果は? 「今年は上流部は捨てた!」でした。
上流部の濁りは強く、加えて、去年車を止めた場所は封鎖されていて…
これは、今年は上流部は釣るな!という…
神のお告げだなと思った私でした。(爆

と言う訳で、2回続けての貧果!(^^;


…8月28日便…
t川。53匹。
この日も、また、t川。
懲りたはずじゃなかったの?!
いいえ。
「型の良い鮎」が釣れるのが魅力なのです!

でも、やっぱり…数的には貧果。(笑
ま、いいさ。めげずにやるさ!!

明後日もまた、t川に行こっと。(爆


…8月30日便…
t川。54匹。
「弟子の青年」も午後から駆け付けて釣る。
私は早めに釣りをやめ、青年のために、コマセ係り。(^u^v
その効あってか、良型が掛ったが、惜しくも、バラシ!!
残念〜!(^u^;
また、釣ろうね。。。

私が使っている「鮎エサ釣り仕掛け」は、こちら!



”鮎エサ釣り釣果(2000年版)”

…6月13日便…
W川に異常事態,発生!?

はて、なんのことでしょう…?!

それは、昨日、私が鮎のエサ釣りで、430匹の釣果を上げたことでした。(^^
自分でもビックリ、周囲はもっとビックリ…の偉業でした!
勿論、自己最多記録です!♪
そして、「氷」さえもっとあれば、500匹は悠に越えていたはずの好条件だったのです。
ビクを使わず、クーラーBOXに釣った鮎を入れる”癖(へき)”のある私は(笑)、徐々に鮎の体温で氷が解けていくのが、心配で心配でならなかったのでした。
せっかく釣った鮎を、傷ませるわけにはいかないのです。
ついに、午後4時過ぎ、私は釣りを諦めて納竿しました。
まだ、エサも時間(6時過ぎまで釣り可能)も、たっぷりあるというのに…。
残念!!

確かに、今年のW川は鮎が多いです!!
2時間で100匹のペースは、私でさえ、初めてなのですから。
それにしても、500匹,釣りたかった!!
氷さえあったなら!!^^;

そう言えば、昨日はやたらと、ツバメの”低飛行”を目にした私です。
私は足が痛かったので、鮎を入れるクーラーBOXとは別のクーラーBOXに腰を掛けて釣っていたのですが、その私の目の前、1メートル!!ぐらいのところまで、ツバメはやって来たのです。
ニアミスです(笑)
きっと、ツバメは、私が座っているので、自分もスワロー(座ろう)と思ったに違いないのです。(自爆
こんな事があって(笑)、私は悠悠、のんびりと、楽しい定休日を過ごしたわけなのです。

それにしても、500匹、釣りたかった!!
と、こればっかり(笑)

次回は、もっと氷を、持っていコオ〜リ〜(自爆)


…6月15日便…
この日は,山梨県のF川へ友釣りに行った日でした。
前々日,「釣れてるよ!」の情報が入ったきたからです。
が、期待して行ってみれば、昨日の雨が山梨ではかなりひどかったようで、川は増水。肝心な石アカは、飛び放題?!…まるで有りません。
昼近くまで釣って、釣果はたったの10匹でした。とてもやってられません!!

これは、「W川へ行ってエサ釣りだな…」の独り言が、自然と口をついて出ていた私でした。
途中のO川で友釣りを…も、ちょっと考えたのですが、やはり増水していたし、足の痛いのもあるから、きょうは友釣りはやめとこう!!
のんびり座って、エサ釣りがえぇ!!(笑

エサ釣りを決定した私は、ニコニコしながらルート52をひた走るのでした(^^

午後1時半頃からエサ釣りの開始です。
私の好きな、前回、430匹の大釣りをさせてくれた場所は、だが、すでに他の釣り人が入っていて、その下流側を釣るしかなかった私でした。

午後6時半まで釣りました。
夕方、私の好きな場所が空いたので、そこでの釣果も含めて、計120匹を釣り上げました。
よし、明日も来よう!! 明日来て、500匹を釣ってやろう!?
そう思わせる条件が、川には揃っていたのです。

そして…


…6月17日便…
運命の日…
ついに、500匹の大台・達成〜〜!!(^^♪
500匹,500匹!! 念願の500匹釣果を達成した私でしたぁ!!(^^v
時に、平成12年6月16日(金)のことでした(^u^v

家を出るときに、「きょうは500匹釣ってくるョ」と、言い残した私でしたが…
公約通り?! その500匹を、釣果として持ち帰った私でした!!
私はウソは言わない男なのです!?(笑

因みに、500匹の釣果を達成した時間は、午後6時13分15秒(笑)でした!(^u^v

W川で見る夕陽が、こんなにも綺麗だったとは…!?(笑
頭上で鳴くカラスの声が、こんなにも美しかったとは…!?(爆
達成感に浸る私には、何もかもが美的に感じられたわけなのです(大笑い

満足・満足!! 大満足の私でしたァ〜〜!!
でも、もう、この記録を更新したいとは思いません。
何故なら・・・
体が、いくつあっても足りないですぅ!(^^;
それと、持ち帰ってからの処理(ワタ抜き作業)が大変だからです。
これからは、そこそこの数、200匹程度に抑えようかと思う私でした(笑
だけど、釣り場に行くとナァ〜
ムキになって、釣ってしまうんだよなぁ〜(^^;
この癖(へき)、なんとかならんかナァ〜(笑

で、今回は、証拠写真?…を載せることにしました。
デジカメは壊れているので、普通のカメラで撮ったものです。
500匹の迫力を見てやってください(^u^cv
山盛り、てんこ盛りです!(^u^♪

エサ釣りで釣った鮎の画像(500匹!)

さて、今回釣った場所も、前回に430匹を釣った場所でした。
多少、寝過ごした私ですので、到着時の7時には、すでに他の釣り人が入っていたのですが…
何を思ったのか、途中(10時頃)からその釣り人は場所を変えてくれたので、「それ〜〜!!」とばかりに、私はその場所を占領したのです(笑
そうして、納竿間際の6時過ぎまで、私はそこを動くことはなかったのです。
それまで、川に立ち込んで釣りをしていた私は、足腰の痛みを感じていたので、助かったのですが…
どうして、こんな良い場所を、放棄したのか、私には分かりません!?
でも、お蔭様にて、超釣果を達成し得た私なのでした。
ここは、一つ…
麦わら帽子のオジさん、ありがとう〜〜!!
と、お礼を申し上げておきましょう!(^u^cv♪

それでは、また、ニコニコ情報をお届けしたいと思います!♪


私が使っている「鮎エサ釣り仕掛け」は、こちら!


…6月20日便…
またまた、行ってきました。鮎のエサ釣り…。
今回は、早起きし、異常なる早起き(午前2時に目覚め!!)をして、釣り場に向かった私でした。
と言っても、釣り場に着いたのは5時でしたが…。

この日(19日)のW川は増水でした。川幅いっぱいに水が張って、鮎の災難?(自爆)を物語っているようでした。
ですが、こちらも、災難でした!
水が太過ぎるために、仕掛けの落ち着く先(ポイント・筋)を探すのに一苦労したわけです。
それと、増水の後遺症が覚めやらぬ川ですから、鮎のエサ追いも悪く、苦戦した私でした。
早朝は水温が低く、それも手伝って、鮎のエサ追いを一層、悪くしたようです。

それでも…
遅めの昼食(午後1時半頃)までには、何とか150匹を釣った私でした。
前回の500匹達成時には、ちょうどこの時間には、倍の300匹をゲットしていた私なのですが…。

しかし、一日に一度は、良い事があるもの!?
夕方になってから、良型の鮎(と言っても15〜17cm)が入れ食いになったのです!!
午前中や午後の前半にはほとんど釣れなかった良型鮎が、次々と掛かって来だしたのでした!!
もう、ホックホク顔の私でした(笑
エビス顔。エビスヨシカズの顔になっていた私でした!(爆

今朝は、2時起きでした。
だから、川の流れの音が、子守唄に聞こえて、ウトウトしかかっいていた私なのです。
が、今は…
入れ食いになった今は、そんなものはどこかへ吹き飛んでいました(^^
それ釣れ、やれ釣れ、どんどん釣れと、入れ食いマシーンの私の腕が、フル稼働を始めていた夕暮れどきでした。
誰も、私を止めることができない、夕暮れ時でした(^u^v

狂ったようにエサを追ってくる良型鮎!!
同じ様に、狂ったように良型鮎を釣り続ける釣りキチさんでした(大笑い
釣りキチさんの名に恥じない? 鮎り…キチガイさんが奮闘している夕暮れ時でした。

こうして、計280匹の鮎をクーラーBOXに収めることのできた私です。
早朝の5時から8時間半を費やして、150匹の鮎を仕留めた私ですが、W川は、残りの130匹を、5時間強で私に提供してくれたわけなのです。
良型鮎というオマケを、たっぷりとつけて…!♪

死闘、14時間に及ぶ鮎のエサ釣りは、こうして幕を閉じたのです。
またまた、カラスの鳴く声が、恋人の歌声に聞こえた釣りキチさんの帰途でした(大笑い

それにしても、呆れ返るほど、釣り続ける私でしょう?!(笑
このページをご覧になっている皆さんは、マネをしないでくださいね。
死んじゃいますから!(大笑い
ん? 言われなくても、そんなバカな釣りはやらないって!?
賢い賢い。アナタは実に賢いお人です!
それに引き換え私は、おバカなおバカな、おバカ釣り師ですぅ!(自爆

それでは、また、お会いしましょう!♪


…7月4日便…
先月末に降り続いた雨で、A川・W川は大増水!!
やっと今月に入って、エサ釣りのみが可能になってきました。
友釣りが可能になるのは、大きな雨が降らなくても、6日か7日頃でしょう。
それを決定付けるのは、天候次第(照り込み如何)です。

と言う訳で、私はエサ釣り。
500匹釣果なんか塗り替えようとしない、リラックス釣りの最近の私です(笑
が…
いざ、釣り始めてみると、例によって、数釣りの虫が騒ぎ出します!?(^^;
右手と左手が一致協力し、脳の指令なんか完全無視して、「それ釣れ、やれ釣れ、どんどん釣れ」と、歌いなれた歌を歌い始める騒ぎです(爆
脳はただ、「ノー!」と言っているだけでした(笑
足は、「悪しからず」と言い、胴は、「どうかしている!」と言っているだけでした(大笑い
フルに活動しているのは、妙に気の合う、右手と左手だけ…(^^v
そこへ、少ぅし、「目ェさん」も協力はしているが…(笑

私は、二日続けて、寝不足でした。
その寝不足の身体で、釣り場に着いてみれば、「オ〜 ノォ〜!!」
もう、既に、私の好きな”大釣り場所”は、他の釣り人に占領されていました!
しかも、3人!!
一人は陸から、あとの二人は何と、川に立ち込んでの釣りで、到底私の付け入るスキはありません。

ここから、本日の”過酷な釣り”は始まっていったのでした。

まず、釣る場所。釣れる場所を探そうと私は、背丈以上にも伸びた雑草(?)の中を、上流へ上流へと突き進んだのです。

一ヵ所目。芳しからず…(^^;
二ヶ所目。全然、芳しからず…(^^;;
三ヶ所目。やっと、少ぅし、感触がいいかな?…(^^;
と…
大荷物を持って、早朝の1時間近くを私は、釣り場を求めてさまよったのでした。
大荷物とは、手提げのクーラーBOX(兼・腰掛け)と肩掛けバッグ(ここにも発泡クーラーBOXが入っている)と”エサ釣り用・ミニクーラーBOX”。それと、竿・タモ網です。
これらの荷物を持っての移動は、さながら砂漠のキャラバン隊?(笑
でも、大量の「氷」が欲しい私には、これが最小限の荷物なのです。
暑くて暑くて、今日は特に暑くて大量の氷が、きっと役に立つだろう…はず。

が…
そんな私の思惑に反して?…
6時半からの釣り始めで、取り敢えずの100匹に達したのは、11時を回ってからでありました。
それも、休みなく釣って…です!!
さすがに、同じ場所で釣り続ける気にはなれず再度、大移動の開始です!!
上流へ、上流へを合い言葉に? 私の足は、左右交互の踏み出しを始めていたのです(笑

しかし、上流の浅瀬に、鮎は居なかった?!
本来は、浅瀬を好む鮎なのに…
大増水の後で、鮎が弱っているせいか、やたらと深場を好む、今日の藁科川でありました。

仕方なく私は、先ほどの場所に戻ることにしました。
行きたくても、これから先の上流部は、「エサ釣り禁止」なので、止むを得ません。
でも、その前に、その前に…と一応、体一つで、大好きな”大釣り場所”を見に行ってきた私です。
もしかしたら…の思いがあったからでした。
すると、どうでしょう!? もしかしたらの思いが当たり! 朝一番には3人も居た釣り場が、今は空いていたのです!!
猫の子一匹居ません。
もっとも、猫が居たんじゃ困るけど(自爆

当然、私は、「それ〜〜!!」の掛け声とともに、その”大釣り場所”に移動したわけです。
水を入れて、かなり重たくなっているクーラーBOX3個を下げて、あまつさえ、伸ばしたままの竿を担いで一気に、「お乞ン食(おこんじき)さんの引っ越し」を終えた私なのでした!(^u^v
そうなのです。急がないと、また誰かに、大好きな場所を取られると思ったからですぅ!(大笑い
で、めでたく、おめでたくも大釣り場所は確保できたわけなのですが…
もう、体中から汗が吹き出ていました!!
焦った汗と、アセロラ入りの汗でした!?(自爆ッ

そんな訳ですから…
取り敢えず、頭から水を被り、私は何度も何度も頭から水を被って、それから釣り始めたわけなのです。
頭から顔へ、顔から首筋へと、W川の冷水が伝って気持ち良かったし…
「水もしたたるいい男」になって(笑),私は釣りを再開したのです。

好きな場所へ来たせいか、右手と左手は、前にも増して絶妙コンビぶりを発揮していますぅ〜(大笑い
「それ釣れ、やれ釣れ、どんどん釣れ〜〜!!」なのです(笑
午後1時の昼食休憩10分くらいを挟んで、「それ釣れ、やれ釣れ、どんどん釣れ〜〜!!」の歌は、一向に止まりません(爆

2時頃だったでしょうか。突然、カミナリが鳴り出しました。
最初の頃こそ、ゴロゴロゴロ ゴロゴロゴロと、遠慮がちに、つぶやくように言っていたカミナリさんでしたが…
だんだんとテンションを上げて来て(笑)、ドドドーン ドドドーンと、大きな太鼓を叩き始めたわけなのです(笑
もう、腹に響く、ノリにノッているカミナリさんのテンション上げ太鼓でした(笑
そうして、同時刻頃から、私の身体にも変調が起きていたのです!?
妙に、耳鳴りがするのです!
いいぇ、カミナリではなく、耳鳴りです。
そうして、小用に立とうとして、立ちくらみまでしてしまった私なのでした。
もう少しで、川の中へドッブーン…のところでした(^u^;

雨も降り出してきました。
小雨ですが、雨は雨です(笑
で、この小雨の中を、「昼寝タイム」とした私でした!?
川の護岸。コンクリートの斜面に身を横たえて、私は昼寝を始めたのです。
通常では、絶対にしない釣り場での昼寝
を、この日だけはした私です。
カミナリさんのテンション太鼓を子守唄に…

10分くらい眠ったでしょうか?…
小雨を、あくびの口に入れながら(笑)、私はムクッと起き上がりました。
人間としては無垢ではありませんが、ムクッと起きた私です(笑
で、早速、釣り始めた私です(笑
すっご〜く、スッキリした気分で、釣り始めた私です。

昼寝のお蔭で、細かいウキの変化がよく分かりました!(^u^v

快調に釣り続ける私でした!(^u^

午後5時には,264匹まで釣果を伸ばしていた私でした(^^♪

が…
やはり体調は、あまりすぐれません。
昼寝をする前より、もっと重たい気分になってきていました。
二日続きの寝不足が、ここへきて悪影響を及ぼしているのでしょうか?(^^;

あと6匹!!
そう思いながら、私は釣り続けました。
数が、キチッとしたところまで行かないと、気が済まない私なのです(笑

そうして、やっと、キチッとした数の270匹に達した頃は…
目はかすみ、頬はこけ(爆)、身体中がジンジンと熱く、異常警報発令中でした!(^u^;
「もう、帰らなければ…」と思いつつも、護岸のコンクリート部に下ろした腰が言うことを聞きません。
しばし、限界までコキ使った体を休めるべく私は、へたり込んだままでした。

…☆☆☆…

家に帰り着き、ホッと安堵の風呂に入り、ノド元でジュワ〜ッと蒸発する音が聞こえるほどのビールを飲み(笑
ネットに繋いだ私でした。

そうして、ネットで聞いた言葉…。やさしい口調での「お疲れさま」が、心の琴線に響きました!
涙が出るほどの感激をした私でした!!

これは、きっと、疲れ切った体が、やさしさを求めていたからだと思います。
一日中,さんざんにコキ使われた体が、たった一言のやさしさを求めていたからだと思います…。
千葉県のレオコムさん、夕べは本当にありがとうございました!!
一生、忘れることのできない、「お疲れさま」でした!!!

今回は、釣り情報とはかけ離れた内容になってしまいましたが…
(え? いつも、そうだって?(笑))

また次回の釣り情報(釣行記かな?)を、お楽しみに!!(^u^v

…追文…
270匹の釣果の中に、ハヤが1匹混じっていたと、カミさんからお知らせがありました。
ですから、実際の釣果は、269匹でした。
こんなドジ。間違いは初めてのことです!!
うぇ〜ん(爆
それほどまでに疲れていた私と思し召し。ご理解を。

私が使っている「鮎エサ釣り仕掛け」は、こちら!


head

このページの最初に戻る!(^u^♪


「鮎エサ釣り仕掛け・販売のページ」は、こちら!