らくがき帳
ここは私が暇な時に書いたオリジナルコースやフォトモードで撮影した画像の展示室です^^
ユニークなものから実際にありそうなコースもあります。
面白いコースだとか、走ってみたくなるコースなどなど、感想を掲示板に書いてくれると嬉しいです☆

そして、オリジナルコースやフォトモードで撮影した画像を送って貰えれば展示もします☆
その時はメールの件名に『落書き帳へ投稿』と書き、画像ファイルは500KBまで、 画像のファイル名にコースなら『course01.gif』、フォト画像なら『IMG0001.jpg』というようにしてください。
ファイルの種類はJPEGでも何でも良いですが、ファイル名や投稿名が違った場合は スパムメールとして開かないので、よろしくお願いしますm(__)m
メールアドレスは  です。



特別動画(HPに空き容量がある時に限り公開^^)

びりーさんが送ってくれたドリフトの映像です〜   こちら  <19秒・3MB>
くるくる回ってます^^

私が最も苦戦したミッションレース34の、クリアした時のリプレイ動画です〜   こちら  <7分16秒・11.7MB>
一カ所ショートカットしてますが参考になると思います^^; 今ならカットしなくてもクリアできるかも!?

フォトモード画像(クリックすると大きな画像になります)

[No.001]
ちょっと暗くてよく分かりませんね^^;
フラッシュメモリが使えるか試しにセーブしただけなので
対して構図も考えなく撮っています^^;
場所は南禅寺です。
[No.002]
GTFC選手権のトップページの壁紙にしようと思って撮った写真。
でも文字が読みにくくなったので却下^^;
[No.003]
これはSGTCの壁紙用と思って撮ったけど、やはり文字が読みにくくなったので却下^^;
002のほうもこれも選手権の内容にぴったりでしょう^^?
ちなみにこの写真は鈴鹿のシケインですが、
130R手前の直線でスープラをZが抜きました。
[No.101]
これはWISHさん(現HN:レオさん)が送ってくれた画像です。
HKSが筑波の1コーナー・ヘアピンでドリフトしている様子^^
[No.102]
これはびりーさんの画像です。
トライアルマウンテンで2番目のトンネルを抜けた直後の派手なドリフトですね。
車種はシルビアです。
[No.103]
これはレイジさんの画像です。
華麗なドリフトですね〜^^



オリジナルコース

[No.001]
これは4年以上前に書いたコース。
画像の下に小さく書かれたデザインが元で、ただのロードコースでしたが、
書いているウチにオーバルとロードのコースに^^
かなりのバリエーションができ、オーバルも2種類あります。
今見ると良くないところが多々・・・^^;
基本のロードコースがこれ。
[No.002]
これもずいぶん前に書いたもので、
どことなくカタルニアサーキットを意識したせいか、
若干似ている部分もあります^^;
[No.003]
これも上の画像と同じ頃、
立体交差を作りたくて考えたらこうなってしまいました☆
今見ると不満だらけ^^;
[No.004]
初期デザインから「きれいなコース」を目指したら、
このような「犬」のような姿に☆
意外といい形のコースと思ったのですが、
形からしてロングコースなんですよねー
[No.005]
これはセパンを見た頃・・・だから2000年秋頃に書いたコース、
何周も回るオーバルを描いていたらこのように(汗)
上半分だけを見ればそれなりのデザインなんですけどね^^;
[No.006]
これを書いたのもだいぶ前、他のとほぼ同じ頃だったはず、
フォーミュラ・カーをイメージしたのですが、なかなか形にならず、
結局こんな形になってしまいました^^
どことなくニュルブルクリンク(書いたのは改修前)の意識もあったかも
[No.007]
これはNo.005と同じ頃に書いたと思いますが、
長い直線のあるコースを描いていたら、ネパールの国旗というか^^
ギザギザの感じのコースになってしまいました。
今見ると、ただの遊び心で書いたコースです^^
[No.008]
これもずいぶん前、 右上の方に初期デザインがありますが、
とことん変化するとこうなってしまうことも(笑)
ドリフト用のコースみたい?!
[No.009]
これもずいぶん前、
これは初期デザインからほとんど変わっていませんが、
なんとも不思議な形です^^
なんとなく鳥が羽ばたいているようにも見えます☆
[No.010]
上とほぼ同じ頃書いたと思うデザイン、
上のもそうですが、ショートコースが2つくっついた反時計回りのデザインです♪
[No.011]
これは上までよりは「最近」、2001年頃だったような・・・
やはり上と同じく、ショートコースが2つくっついたデザインです。
[No.012]
これも上と同じ頃、あまり良い形じゃなかった・・・
[No.013]
これも上と同じ頃、デザイン的にはなかなか面白いと思いますが、どうなんだろう。
[No.014]
これも上と同じ頃かな・・・
これは3つのコースがくっついたデザインですが、どれもいまいち^^;
でも右下は意外と形になりそうなので、最近綺麗に書き直しています^^
[No.015]
これは2001年頃かな・・・
反時計回りのコースを、と思って書いたコースがこれ。
どことなくイモラに似ているようなー・・?
[No.016]
これは上の画像より数ヶ月後だったような・・・
メインストレート以外で「直線」のないデザイン、
そしてセパンのようにカーブのアウト側にピットに入るデザインにした結果。
上のコースもですが、スプーンカーブを入れたかったのが目に見えて分かります^^;
[No.017]
書いた時期は上と同じく、2001年頃かな、
これはラリーのようなかんじをイメージしたわけですが、
もうなにがなんだか^^;
ただ、下のコースが比較的良いデザインと思ったので、
最近修正してみました。
[No.018]
これもやはり上と同じ頃だったと思います。
スタート直後のカーブや最終コーナーはシルバーストンが意識にあったと思いますが、
書いた当時はまあまあいいと思っても、後々見るといまいち・・・
ということで、2002年頃(?)に赤で修正してあります。
[No.019]
これは上と同じ頃に書いた反時計回りのコース。
でも最近みたら納得せず、2004年9月頃(?)に修正(赤色)しました。
反時計回りを意識するとなかなかうまく出来ないんですよね。
時計周りのコースを書いた後に裏返せばうまくいくのかな^^?
[No.020]
これも2001年頃、この頃多くのコースを書いたんです^^
このコースはストレートがカーブしているコースを意識して書いたもの、
この向きで見ると何かの生き物みたい^^
[No.021]
これも同様に2001年頃、
まあまあかと思っていたはずですが、今見ると不満だらけ。
[No.022]
上に同じく、
これも気軽に書いた物なのでそれほど・・・
でもこのようなデザインのコースはありそう!?
[No.023]
これも2001年だったと思います。
やっぱりあまり気に入ってないんですけどねー
[No.024]
これは2001年の冬だったはず、
右に90度回転させるとトヨタF1の「T」の形に似たデザインとなりました^^
比較的きちんとしたコースだと思ったのですが、不満もあり。
[No.025]
これは2003年だったかな・・・2005年11月に少し修正。
ドイツの超高速コースAVUSをイメージした43度バンクの旧コースにGPコースを書いた感じです。
ちなみに下の画像が全長19kmのAVUSです。
ヘアピンの南コーナー(画像右)と43度バンクのある北コーナー、片道9km近くという、とんでもないコースでした。
[No.026]
これは2004年の9月頃だったかな、
かなりきちんとしたデザインだと思います^^
最終の小さいコーナーが良くない気もしますが、
オーバーテイクポイントも3カ所あるし、私としては大満足のデザインです♪
[No.027]
No.017を修正したデザイン、修正は2004年10月。
下のストレートでドラッグ出来、2つのピットレーンがあり、
様々なデザインが出来ます^^
右の画像がフルコース、結構いい出来だと思ってます♪
[No.028]
これはハンガロリンクが改修されると知った時、
「こうしたらオーバーテイク出来ると思う」と思って書いたデザインです。
[No.101]
コースでは初の投稿、カストロール無限NSXさんのデザインです!
右側のストレートは2kmあるロングコースで一部コーナーでエスケープゾーンが無いに等しい危険なコース^^;
コースについての説明です
「私の構想としては、あの長い4本のストレートの合計が、2+1.4+1.4+1.2=6キロとしています。このストレート4本は全て低速域からの加速競争、そして最高速からのブレーキング競争と、二つの楽しみがあります。どのストレートも平坦です。第一コーナーは3速でクリア、続く2コーナーは30度バンクとなっています。ここは3速で通過できます。ここから少しずつ上りで、S字コーナーへ進入。ただこのコーナー、S字二つ目が急な下りになっています。目安として両方とも2速です。ここから先は西コースへ。3速で1つ目クリア、4速で2つ目をクリアします。そして最高速から1速まで落とし下りのヘアピンにアプローチします。角度としては鈴鹿のヘアピンより少し急です。そして全開で最高速へ。次に迫るのはレースを盛り上げてくれる中盤の立体交差。坂を駆け上がり最高速からのブレーキング、2速で下り複合コーナーを抜け、次の右コーナーを3速、右→右のコーナーを2速で抜けます。次の左も2速で通過します。その後の右コーナーは4速パーシャルで通過できます。この後最後のロングストレートを抜け、2速でカルッセル並みのバンクがついているヘアピンを通過します。この後上り3速ヘアピンを通過、東コースへ戻ります。次は3速パーシャルで左コーナーを通過します。そしていよいよ最後の難関へ。まず左コーナー、ここではあえて2速インベタ、続く2速ヘアピンにアプローチします。ここからパーシャルで右コーナーをクリア、加速しながらとても緩い左コーナーをクリアします。通過したらすぐさま速度を落とし、上り20度ヘアピンを通過、急激な上りへ。上りの状態で最終コーナーを1速で通過、ホームストレートに戻ります。使用車種は私の考えたSRP GT−sonic16R LMレースカーです。」