本物の果実と偽の果実

植物で普通受精が行われると、子房がふくらんで果実になることは、生物を学んだ人なら、誰でも知っているtと思います。
ところがイチゴは、その常識とやや異なった果実となっています。われわれがうまいと言って食べるところは、受精後に肥大しますが、それは子房の肥大したものではないからです。
口の中でざらざらし、歯につまる種子と言っているところが、子房が肥大した果実であって、”そう果”といい、このそう果は、果皮が固く、炸裂せずに、内に1種子を有しています。
一般には、この”そう果”をさしてイチゴの種子と言っているのです。
このそう果が出来ないと、イチゴの果実は肥大しません。われわれがうまいといっている部分は、


”果托(かたく) という偽の果実で、そう果の座布団なのであり、座布団はふくらんだ方がよいのは当然でしょう。
ややこしい話ですけどおわかりになりました?。