y-onsitumelon
宝交イチゴ


 イチゴの大衆化に貢献
<宝交>


宝交イチゴ種

 宝交。

暮れから春いっぱい登場するイチゴの世界にも栄枯盛衰の物語りがある。1,950年(昭和25年)にアメリカからダナーイチゴが導入されてからそれまでに、<天果>に君臨していた福羽イチゴは昭和30年代から40年代にかけてダナーイチゴに王座を奪われてしまった。
しかし、ダナーイチゴに敢然と挑戦を仕掛けたのは宝交イチゴだった。イチゴ戦争は全国的に展開され、結局この戦争は時代とともに矛を収めたが華麗なる展開であった。

宝交イチゴは甘い甘いで有名だった砂糖イチゴを母として1962年(昭和37年)に歌劇で有名な宝塚にある農業試験場で生まれた。宝塚で交配したというので宝交と名付けられた。

ダナーは甘酸がよく相和し、宝交は甘さの方がまさる味、そのためダナーはミルク掛で風味を増し、宝交はそのままでも甘く合理的な風味。

西の宝交は中京まで進出、東のダナーも中京まで進出したが、天下分け目の関が原になる前に、台頭してきた女峰・とよのかに地位を譲った。


  イチゴのお話へ戻る 愛ベリー 女峰 麗紅  宝交 はるのか 
しずたから 芳玉 とよのか 石垣イチゴ あきひめ とちおとめ 紅ほっぺ