y-onsitumelon
麗紅イチゴ


 まるで蝋細工のような鮮やかさ

麗紅

「麗紅」は、「はるのか」と「福羽」の組み合わせで千葉県農業試験場が育成した。促成栽培品種として普及したが、特に石垣栽培での成績が良く、高品質の果実が収穫出来た。

昭和51年に登場した麗紅は、紡錘型で果色は鮮紅色で一躍脚光を浴び、まるで蝋細工のような鮮やかさがあった。
この「麗紅」は「女峰」の登場まで広く栽培された。


  イチゴのお話へ戻る 愛ベリー 女峰 麗紅  宝交 はるのか 
しずたから 芳玉 とよのか 石垣イチゴ あきひめ とちおとめ 紅ほっぺ