y-onsitumelon
日本イチゴの生い立ち


 初の大衆イチゴ
<ダナーイチゴ>


ダナーイチゴ種

 
ダナーイチゴ

福羽イチゴのみが有名だが日本のイチゴ界に、1,950年(昭和25年)、アメリカからダナーイチゴが導入されてきた。
ダナーイチゴは甘・酸・香がよく相和している風味に加え、当時流行し出したイチゴミルクが普及し、また昭和30年代に入ってからビニールでつくるトンネルとかハウスによる加温施設栽培には、春まだきの季節にも登場するようになった。
日本経済の高度成長とともに、大衆が手頃の値段で食べられるイチゴ革命が起きてきた。

イチゴの消費量は文化のバロメーター、といわれるほどに言及したのもダナーイチゴの大衆化が進んだためである。
ダナーイチゴに明け暮れた日本のイチゴ狩りに現れたライバルは宝交イチゴだった。

ライバル台頭によるイチゴ戦争のため、今までイチゴの高値の花としていた層までが食べ始め、やがて生食イチゴ世界一に達するまでに消費が伸びていたのもこの華麗な戦争の成果でもあった。



▲イチゴのお話へ戻る▲   NEXT