y-onsitumelon
  マスクメロン


 王者然とした造形美メロン

マスクメロン

 マスクメロン
マスク(Musuk)とは麝香(ジャコウ=ジャコウジカの分泌物からとった香料)の意。
高貴な香りを持ち、しかもネットをはりめぐらした王者然とした造形美のメロン。
日本でマスクメロンと呼ばれているものはイギリスから導入されたアールス・フェボリット(伯爵好み)と言う品種です。

明治文明開化の頃、イチゴの福羽と言う品種を育成した植物学の大家福羽逸人博士によってこのマスクメロンもまた育種・育苗されました。

イギリスの貴族に好まれて栽培されていたためか、時の宰相大隈重信侯爵の目にとまり、やがて華族をはじめとした上流階級で贅沢な流行となったという。
大隈候の有名な大風呂敷「余はメロンを食うて125歳まで生きる」はこの時代に発せられたものです。

     NEXT