y-onsitumelon
  夕張メロン


 赤肉メロンブームのきっかけ

夕張メロン
今やブランドメロンに成長した夕張メロンのふるさと夕張市は、96%が山で平地は夕張川沿いに僅かに広がる程度、かつては20の炭鉱が栄える炭鉱の町でした。
昭和35年にメロン組合が発足。露地栽培ができる赤肉系ネットメロン、スパイシーキャンタロープの栽培が始まりました。
36年にはアールス・フェボリット(マスクメロン)との一代交配により”夕張キングメロン”(正式名称)が誕生しました。
強い芳香と濃厚な甘さの赤肉の夕張が世間を魅了しました。その柔らかな果肉は日持ちが悪いので産地直送が主流です。

 


   NEXT