イチゴで虫歯予防!?           

イチゴに、虫歯を防ぐ効果のあるキシリトールが含まれているって知ってますか? テレビ番組で歯医者さんが
言っていました。食後にイチゴを食べてから、歯磨きをすると効果が上がるらしいです。

キシリトールとは糖アルコールの仲間で、工業的にはシラカバやカシの木から抽出されますが、天然物では、いちご、ほうれん草など含まれています。

甘味度は糖アルコールの中では最も甘く、砂糖と同じですが、カロリーは1g3Kcalと低カロリーです(砂糖は1g約 3.8Kcal)。キシリトールは、血糖値を上げない糖として、日本ではこれまで糖尿病などの医療用にだけ使われてきました。

しかし、ヨーロッパなどでは早くからキシリトールによる虫歯予防の研究が進み、ガムなどに使われていました。日本でも、1997年4月、食品添加物として認可され、食品にも登場しはじめました。低カロリーや、虫歯予防効果のほかに、溶ける温度が低く、口の中で溶けるときに冷涼感があることから、ガムやタブレットなどに利用されています。

だが、値段が砂糖の数倍と高価なので、他の甘味料と合わせて使われることが多く、まだキシリトールだけの製品はありません。キシリトールが虫歯に有効とされる理由として

1.唾液の作用を効果的にする。(甘いので唾液の分泌を刺激。)唾液はそれ自体、歯を保護するが、キシリトールは非発酵性で、砂糖のように口の中に酸を作らないので、唾液の作用がより効果的になる。

2.ミュータンス菌の増殖を抑える。口の中のキシリトールは、酸に変化せず、虫歯の原因となるミュータンス菌の成長を妨げ、その働きをおくらせる。

3.唾液中のカルシウムと結合 唾液中のリン酸カルシウムを安定させ、歯からカルシウムが抜け出るのを防ぐなど、歯の質を丈夫に保つ。

このように虫歯予防に有効と言われています。しかし、残念ながら従来の口腔保健対策に取って替わるモノではないようです。

歯磨きや規則正しい食生活を行った上で効果が向上するものといわれていますからキシリトールばっかりに頼っていてはダメナンです!

それから、このキシリトール、一時に多量に摂取すると、腸管からの吸収が遅いので腹部膨満感、軟便化、下痢などの副作用が起きることがあるようです気をつけましょう。

(三星堂医薬ニュースNo.96を参考にさせていただきました)