2013年・鮎エサ釣り釣果



月日 場所 釣果 サイズ 釣り時間 備考 ゴリ釣果
6/2 W川
M橋
下流域
50匹 9〜
16cm

良型4割
5:00

13:00
今年初のエサ釣り。今年はいいぞ!
しかし、この日は・・・
石アカが付き過ぎてエサ釣りには不向きな川状態。
鮎の数は多い。しかも良型多し! 条件次第で大釣り可能だ。
同行のA堀さんは15匹。良型に満足だ!
余談だが、ハヤ(オイカワ)は鮎の3倍以上釣った!(^^;
他の釣り人は釣果が少ない。仕掛けが原因かも。
今年は【ゴリ】も多くて嬉しい悲鳴の私!(^u^v♪
35匹
6/12 W川
M橋
下流域
53匹 9〜
17cm

良型4割
5:00

14:00
今季二度目の鮎エサ釣り・・・
今回も、6月2日以来…まとまった雨が降っていず…
まだ石アカが付き過ぎた状態だ。これはエサ釣りには不向
きな川状況だが、掛ければ鮎の型は良い! しかしながら、
この日もゴリの食いが良く、私はゴリ釣りに【ゴリ夢中(笑)】
で、歩いて鮎の数を伸ばす釣り方は捨てていたのだ。 何し
ろ、食べて美味しいゴリなので、その食感・食味を思い出し
ながら私は夢中でゴリを釣っていたのだ。鮎の釣果に匹敵
する数のゴリ釣りに【五里霧中】だったのだ!(笑)
今回は、台風の影響で三保出張を臨時休業したので、エサ
釣りを実行した。という訳で単独釣行の記述でした…(^u^c
51匹
6/15 W川
M橋
下流域
50匹 9〜
15cm

良型2割
5:30

12:30
今季三度目の鮎エサ釣り・・・
今回はとくに水不足! ポイント探しに苦労する! そのせい
か鮎は小型が目立った。その代わり?…ゴリの釣果が異常
に伸びた!(^u^v これはこれで【ゴリの佃煮】が旨いので
結構な話。さて、同行のA堀さんは鮎15匹。A堀さんの連れ
のIさんは7匹という鮎結果だった。
私は鮎50匹を目標にし、その数に達したので納竿した。
126匹
6/19 W川
M橋
下流域
55匹 9〜
17cm

良型4割
5:00

12:00
今日は台風接近(雨・強風!)のため三保出張休み。
…で、単独釣行でW川へ・・・
先日…15〜16日にかけてやや多めの雨が降ったので…
期待して出掛けたが、石アカは流れていなかった。(川は
平水だった)。さて…小雨降る早朝の釣りは低水温のため
か小型が目立った。そして水温が上昇するにつれ型が良く
なっていくのだが、何しろ風が強い! いつもなら竿を10回
振るところを6回くらいしか振れない!(^u^; それでも無理
に竿を振るので右手が異常に痛い!(^u^; この風さえ収ま
ればもっと釣れるのにナァと思いながら竿を振る私。型が
どんどん良くなるので風が余計いまいましく感じる! そして
12時。もうどうしようもなく強くなった風と本降りの雨に、まだ
まだ釣れる状態になっている川に、かなりの未練を残して私
は納竿した。
今度は次の台風(4号)が接近している。4号は相当の雨を
降らせるとの予報・・・。川が増水し、石アカが流れ、引き水
の頃にきっと大釣りができるだろう。釣況変化に期待しよう…
32匹
6/23 W川
M橋
下流域
58匹 9〜
17cm

良型3割
5:30

13:00
昨日からの約束通り、A堀さんとW川へ。
20日〜21日にかけてまとまった雨が降ったので石アカが
流れて好釣果か?…と期待して行ったが、川はやや増水は
しているものの石アカは飛んでいず、残念な釣況! それで
も私とA堀さんだけは、「釣キチ・必釣仕掛け」で釣りまくり、
二人合わせて81匹の鮎釣果(半日)を揚げた。…で、他の
人はというと、0〜数匹の鮎釣果であった。仕掛けの違いと
本格的な釣り方でこんなにも釣果に差が出るのだ!(^^v♪
74匹
6/26 W川
M橋
下流域
81匹 9〜
17cm

良型5割
6:30

14:30
今日は雨。三保出張販売休業。
三保へは【行って戻って臨時休業】なので、少し遅めの釣り
始め。川には他に、5〜6人の釣り人が見えた。しかし雨が
強くなってきた12時頃には私一人になってしまった。徐々に
増える水嵩に合せて私はポイントを変えながら釣り続ける。
濁って行く川に、食料の【食いだめ】をするかのように鮎は、
食い気を目いっぱい活発にした! その結果良型が多くなっ
て私は嬉しくなった!(^u^v♪ そういう事情でなかなか止め
られない! 降り続く雨の中、ついに濁りが濃くなったW川
に私は別れを告げたが、本当はもっと釣りたかった。やむを
得ない釣況に泣いた。こういう釣りは滅多に無いのにナァ!
16匹
6/29 W川
M橋
下流域
38匹 10〜
17cm

良型5割
5:30

13:00
いやぁ〜 人が多かった!
今日は三保へ着くなり、「鮎釣りに行こうよ!」とA堀さんと
Iさんが待ち構えていた。私は今日は、本当は鮎釣りの予定
はなかったのです。前日の大サバ釣りで疲れ果てていたの
です!(^u^; そんな事とはツユ知らないA堀さんとIさんは
ニコニコ顔。私はそれに付き合ってW川へ。
そしてW川へ着いてビックリ! 何とマァ、川中(かわじゅう)
釣り人だらけです! 今シーズン始まって以来の賑わいぶり
です。私たちの釣る場所はあるか?…というくらいの混雑ぶ
りでした!(^u^c; しかし何とか釣り座を確保して釣り始め
ますが、如何せん攻め過ぎ〜バチャバチャと川の中へ入る
人が続出で釣果が伸びません。長時間かけ、やっと38匹の
鮎を釣った私でした。A堀さん・Iさんも頑張って二人で30匹
強の釣果を揚げました。いやはや、大混雑の中で釣るのは
何年かぶりでしたが、大いに疲れましたよ!(^u^;;
32匹
7/6 W川
支流
m川
46匹 11〜
16cm

良型5割
6:00

12:00
今日は・・・
一週間前から予定していた【三人組鮎釣り行脚】の日です。
しかし、釣る予定だったW川本流は増水&濃い濁り! 仕方
なく支流のm川へ入って、いざ1時間遅れの釣りスタート!
だが釣り始めてみると、”ハヤの猛攻!”に遭い、なかなか鮎
の姿にお目にかかれません!(^u^; これは今日はボウズ
かな?!…と思い始めた頃、やっとやっとの、鮎とのご対面
でした。この瞬間の嬉しさったらない! 過去に何万匹釣って
いようとも、釣れない時間が長く続いた後での初釣果はいつ
も嬉しいものでありまする!(^u^cv♪ 初釣果の後、運良く
”桃源郷”に出会った私は
の最終釣果を揚げられました。
0匹
7/13 W川
M橋
下流域
30匹 11〜
16cm

良型5割
5:30

13:00
やっと、やっとの30匹!(^u^;
A堀さんと釣行。
川の条件悪し。エサ釣りの人より友釣りマンのほうが多い。
川底に石アカがべったりなのだ!(^u^c; これはエサ釣りの
竿より友竿を持ってきた方が良かったね、と私とA堀さん。
A堀さん、4匹しか釣れず…
「鮎釣りは仕事より大変だ!(苦笑)」とぐったり顔。
お気持ちわかります!(^u^c
66匹
7/15 W川
BP橋
下流域

A川
小屋前
上下流
35匹 11〜
16cm

20cm
1匹

良型6割
5:00

13:30
 ハヤが多過ぎて移動!(^u^;
A堀さん・Iさんと釣行。
13日に悪かった川条件が回復する間もなくまたW川へ。
これはW川がお気に入りのIさんのご希望だ。しかし釣り始め
て4時間。さすがにハヤばかりで鮎の釣果が伸びないW川
に業を煮やし、「A川へ行きましょう!」と私は提案した。
Iさんもこれに同意。今季初めてのA川釣りとなった。
今度はA川で4時間釣り、W川の2倍以上を釣り上げた。
Iさんも今シーズン初の、二ケタ釣果を揚げ満足げ!(^u^v
A堀さん14匹。Iさん15匹(ともに良型交じり)で納竿とした。
24匹
7/18 W川
M橋
下流域

A川
小屋前
下流域
40匹 11〜
16cm

良型7割
10:30

16:00
いやぁ〜 歩いた歩いた!(^u^;
前々日にかなり雨が降ったので、6日に良い釣りをしたW川
支流のm川へ向かった私。しかし、「アレッ!?」…水が無い
ではないか。ん〜、雨が降ったのは平野部だけで山間部の
雨量は殆どなかった模様だ。仕方なく私はW川本流へ。
しかし、ここも水不足。増水どころか石アカも流れていない。
こんな悪況の中で1時間釣り4匹の釣果。絶句だ!(^u^c;
濁りと増水を覚悟してA川本流へ向かう私。ここがダメなら
諦めて帰ろう。だが、A川の状況は捨てたものではなかった。
薄い濁りが入っていてエサ釣りには好都合の状況。よし!
ここで釣ろう…と張り切って釣り始めたが数が出ない。型は
良いのだが遡上数が少ないのだろうか。ではこうなったら…
歩け歩けの【足で釣る釣り】実践だ。こうして今季初めて夕方
まで釣ってやっと40匹の釣果を出した。あ〜ぐったり!(^^;
18匹
6/2〜7/18まで11回釣行して、536匹の釣果。1回平均48.7匹。ゴリ474匹。
7/27 A川
小屋前
上下流
39匹 13〜
19cm

良型8割
5:00

11:00
雷雨で早仕舞い!(^u^;
今日は土曜日。三保へ出張販売車を置いて、A堀さん・Iさん
とA川へ鮎釣り。川の状況は厳しい! 水量不足で、石アカ
べったりの川相だ。A堀さん・Iさんが苦戦しているのが分か
る。私も苦戦! 一投入魂の繰り返しで釣り探る。釣況は厳し
いが、掛かれば鮎の型は良い! 16〜19cm鮎が殆どだ。
しかし、11時近くになってカミナリの洗礼が来た! マズイ。
カミナリは釣りの大敵! A堀さん・Iさんもそそくさと釣り支度
を始めている。私はもう少し釣りたい思いで竿を仕舞わずに
カミナリが去るのを待つ作戦だったが、お二人さんが完全に
釣り中止の合図をしてきたので止む無し、目の前のポイント
に未練を残しつつ納竿とした。
さて、今回は良型揃いだったので、画像をUPした。
0匹
8/10 A川
u山
出会い下

a川
出会い
下流域
26匹 13〜
19cm

良型7割
5:30

10:30
暑くて参った!(^u^;;
昨日、近所の酒屋さん(Tさん)から【u山出会い】の情報を
聞いたので行ってみた。今季初の場所である。釣り場に着く
と、すでに数人の釣り人が竿を振っていた。聞いてみると、
「先日は釣れたのに今日はサッパリだよ!」という返事であ
る。私達も早速、釣り支度をして川に臨んだ。釣る事40分。
私が2尾の鮎を揚げただけである。「これはいかん! 場所
替えしましょう…」と私。阿吽の呼吸で、「よし分かった!」と
答える同行氏。転戦先はa川出会い下流域。釣り人が居な
いのを確認して入川した。そして釣る事4時間弱。途中で何
度か休憩を挟みつつ釣り続けたが、今日は凄まじい猛暑!
とてもこのまま釣り続行は無理だ。熱中症になってしまう!
倒れてしまう!(^u^;; 同行氏も、「そろそろやめようか?」
という表情をしている。潮時だ。時間は早いが【命あっての
物種】だ?(苦笑)&(^u^; 1匹しか釣れていない同行氏…
(氏の名誉のため匿名!)だが、事ここに至っては止むを得
ないだろう。また次回にリベンジしてもらおう。という訳で…
私も【倒れる寸前まで頑張った結果】が26匹という釣果でし
た。猛暑の日の鮎釣りはホント、キツいです〜〜!!(^u^;
0匹
8/17 A川
小屋前
上流域
43匹 14〜
19cm

良型8割
5:00

11:00
今日はXYさんと釣行!(^u^v
前回、場所替えをして失敗(数少ない釣果)したので今回は
【慣れた場所】へ入川。これが大当り! でも私だけ?(^^;
XYさんは私推薦の場所へ入ったが他の釣り人が来たから
と遠慮し、また私のポイントを譲ったのにも拘らずそれを断っ
て結局、貧乏釣果の4匹にとどまった。…で、それにめげた
のか、戦意喪失!(^^; 「もう帰ろうよ…」の表情にあふれ、
ほどなく【納竿】の支度まで始めた。…私はガッカリ! まだ
まだ釣れるはずポイントを前に、「もうやめるの?」の心境でし
た。今日は移動距離も少なく、体力は充実していてヤル気
満々の私だったので本当にガッカリ&茫然でした!(^u^;
仕方ない、今日は諦めましょう。前回のリベンジは成ったの
だからマァ…良しとしましょう!(^u^v♪
11匹
8/26 A川
小屋前
上流域
47匹 15〜
20cm

22cm
1匹

良型8割
5:00

12:00
定休日の釣り!(^u^v
いつもならノンビリする定休日なのだが今回は、最近見つけ
た【桃源郷】が気になって出掛けた。案の定、入れ食いタイム
が味わえた。近所のおバァちゃんが観戦する中、私はバッタ
バッタと夏の虫のように鮎を釣りまくった!(^u^cv♪ おバァ
ちゃんから、「そのエサ、私に貰えますか」とお願いされ、快く
お分けした。明日にでもエサ釣りをすると話すおバァちゃん、
おジィちゃんと一緒に釣るそうだ。大漁を祈る!(^u^v♪
8匹
9/22 W川
BP橋
上流域
40匹 15〜
20cm

良型6割
10:30

13:30
A堀さんと・・・
今日は三保に9時近くまで居て、海の状況が悪化〜回復し
ないので、暫くぶりにエサ釣りと相成った。18号台風上陸か
ら一週間が経ち、W川本流でのエサ釣りが可能となった。
まだ濃い目の濁りの中、始めのうちはハヤばかりの釣りだっ
たが、好場所を発見して入れ食い状態に!(^u^v♪ A堀さ
んが、帰りたそうな表情をし始めたので早めの納め竿。4匹
しかゲットしていないA堀さんに6匹をプレゼントし、二ケタだ
ねと【自宅への凱旋】をお手伝いした。私は良い男だ!(爆
リリース
9/23 W川
BP橋
上流域
108匹 15〜
20cm

良型6割
6:00

13:00
A堀さんと・・・
三保は大荒れ! 台風の影響(強風と白波)で釣り不可!
で、予定通り今日もA堀さんと釣行。昨日と同じ場所へ入っ
た!(^u^v そして釣り始めてみれば早朝から食い抜群!
良型も次々と揚がる! 対岸で釣っている人たちが私の方を
指さし、「入れ食いだなぁ!」と騒いでいる!(^u^v♪ 今日は
立ち込み釣りなので【タモアミ】を使った。そして釣れた鮎を
引き抜くのだが、これがカッコいい!!(笑)…私は友釣りを
長年やったので引き抜きなどお手の物なのだ!(^u^cv♪
さて、カッコいい話はこれくらいにして(笑)…竿を畳む時間
が来た。店に帰ってから【鮎の処理】が待っているのだ…。
釣果数が【除夜の鐘】になったので(自爆)…語呂良しとみて
納竿だ。A堀さんも疲れ気味のようだから丁度良いだろう。
今年一番の鮎エサ釣り釣果は気分良しだ!(^u^cv♪
27匹
10/14 A川
a川
出会い
下流域
17匹 15〜
21cm

良型6割
6:00

13:00
貧乏釣果!(^u^;
A堀さん・Iさんと釣行。A川本流はドブ濁り。支流のa川から
流れてくる筋を釣ったのだが超減水! 鮎がよく跳ねるのだ
がなかなか釣れない。水が澄み過ぎて口を使わないのだ。
7時間も釣ってようやく17匹の釣果を揚げた。A堀さんとIさ
んは終わってみれば二人で3匹。片方の人が、「今年初め
てのボウズだ!」と嘆いていた。次回はリベンジですね!
※)ゴリは持ち帰らず。
10/19 A川
a川
出会い
下流域
52匹 15〜
22cm

良型6割
6:00

13:00
さぁ、リベンジ!
と、意気込んで行きました。釣り場は前回と同じa川出会いか
ら下流域。しかし今回は事情が違う。三日前に多めの雨が
降って釣り場は【平水以上の水嵩】なのだ。これはイケる!
私の太鼓判に前回と同じ同行者のA堀さん・Iさんはニッコリ
とうなずく!(^u^v♪ そして釣り始め。スタートから2時間で
20匹を釣ってしまった私。やはり今日は水況が良いのだ。
あまり歩き回ることもなく50匹以上の釣果を揚げた私。鮎の
食いが落ちてきたし、雨も降って来たので上がることにした。
A堀さん・Iさんも二人で13匹の釣果を揚げてリベンジ成功
である。美形でグラマーで子持ちの鮎を3人合わせて65匹
も釣って私たちは満足でした。しかし、同場所に居た他の
釣り人たち5人は0〜5匹の釣果でしたよ。やはり仕掛けと
釣り方がモノを言う鮎のエサ釣りでした。
※)今日も、ゴリは持ち帰らず。
10/20 A川
a川
出会い
下流域
27匹 15〜
20cm

良型5割
6:30

11:00
連チャン・鮎釣り・・・
雨模様の一日。三保は強風・向い風でウネリ有り!(^u^;
日曜日だけど出張販売を断念した次第!(^u^;

出張販売を断念した段階でA堀さんにTEL。「今日も鮎釣り
に行きましょう!」のTELでした。早朝4時半のこと。もしか
したら断る?と思いきや、「行くよ!」でした!(^u^v 暫し、
待って、店で合流。1時間後には竿を出していた私達。釣り
場は昨日と同じでした。しかし、昨日と同じ場所は、アタリが
遠かった。一体、何処の誰が釣ったのか!?(笑)…かなり
アタリが遠く苦戦しました!(^u^c; それでも、あちこち攻め
抜いて27匹の釣果を揚げた私。A堀さんも9匹を揚げて昨
日より多い釣果でした! さぁ今日も、いろんな鮎料理を味わ
い堪能ましょう!(^u^v♪ (※)ゴリ持ち帰らず。
6/2〜10/20まで20回釣行して、935匹の釣果。1回平均46.7匹。ゴリ520匹。
11/2 W川
BP橋
上流域
183匹 15〜
22cm

良型6割
6:00

14:00
今年一番の大釣り!
一週間ほど前に大雨が降った。当然、A川は全川ドブ濁り。
W川が、辛うじて10月31日の午後から釣り可能になった。
そこで私は発破をかけた。同行者のA堀さん・Iさんに、「朝
早く家を出てください。とにかく早く家を出て、私と合流し、川
へ一刻も早く到着するようお願いします」…と。しかし、この
時期・このタイミングでの【早起きの意味】を知らないIさんが
川への到着時間を遅らせた。その結果…私が入りたかった
場所はすでに釣り人で一杯だった。苦戦すること数時間…
やっと良い場所に居た釣り人が帰って行った。あまり釣らず
に帰って行った。これは私の出番である!(^u^vv すぐに
入れ食いが始まった。入れ食いが続く! 入れ食いのまま、
疲れが見えだした同行者に合わせ私も納竿した。この間…
飲まず食わずで釣り続けた私!(笑)…今年一番の大釣り
を成し遂げたのでした。A堀さん・Iさんも二人で120匹近い
釣果を揚げて満足げでした。 で、私が一番気がかりだった
【釣る場所の大事さ】を痛感してくれたかな?!
リリース
11/3 W川
BP橋
上流域
101匹 15〜
21cm

良型6割
6:00

14:00
連チャン・エサ釣り・・
昨日に引き続いきW川の鮎エサ釣りです。この日は私が何
を言わなくてもA堀さん・Iさんは【早起き】してきました!(笑)
そして昨日と同じ場所に入ろうと息せき切って行くと、そこは
すでに4人の釣り人に占領されていました。そのうちの一人
曰く…「あなたが昨日釣った場所、今日は私たちが釣らせて
もらいますよ。」…昨日の私の爆釣を見ていたらしい!(^^;
私達3人が入川する時間を早めたにも拘らず、その4人組は
それ以上早く入川したという事である。夜中に来たという!
しかし、そうなのだ。私も数年前…同じような状況の時、夜中
の2時起きで釣り場に赴き場所取りをした覚えがあるのだ。
これにはA堀さん・Iさんビックリしていたが、この時期の良型
鮎を釣るということはそれほど大変な事!それを認識された
でしょう。それが分かっただけでも今日の収穫でした! さて
今日の釣りスタートは水温が低く鮎の食いが悪く苦戦しまし
た。釣りに慣れた私でさえ苦戦しているのですから件の4人
組は推して知るべしです。悪戦苦闘の塊みたいになって釣り
続けています。釣り続けていますが殆ど釣れません。そして
帰りの時間が近づいたようです。「後は任せます。」と苦笑し
ながら私に言って4人組は川から消えていきました。さぁ!
私の出番です!(^u^v 昨日の【ドラマの再開】です!(^^v
入れては掛かり入れては走る鮎! 何故こんなにも鮎が居る
所で鮎を釣らなかったか!? 私の竿がひっきりなしに曲が
ります!(^u^v♪ そして午後2時。A堀さん・Iさんの納竿に
合わせる【定刻】です。釣果100匹に達した時、語呂良く…
101匹にして(笑)…私も納竿しました。上流側に居た釣り人
に場所を譲り、立ち込みから陸に上がった私でした。そして
私が釣り具を仕舞っている間中…A堀さん・Iさんは件の釣り
人(私が場所を譲った釣り人)を見ていたのですが、あの釣り
人は1匹も釣れないよ!? と言うのでした。私が全部、釣っ
てしまったのでしょうか?(大笑い) 今日も、仕掛けと釣り方
の重要性を再認識しつつ、釣り場を後にした私でした。
リリース
             
             
             


「鮎エサ釣り歩き」へ戻る