こんにちは。
ぼくは「WAO(ワオ)」という名まえのイヌです。
ぼくのこと、みんなにもっと知ってほしいワン。
●WAO略歴
とある年 ある日生まれ。
おとこのこです。
生まれてスグ捨てられてしまったボクでしたが 「ワケ」あって信さんと一緒に暮らすことになりました。
今ではなぜか信さんの経営するオモチャ店の専務 として毎日を忙しく過ごしています。


信さんを厳しく指導するWAO
さて、その「ワケ」について詳しくおはなししましょう。



『信さんとWAOの、ワケ』



信さんは山が好き。山にこもってキノコを採ったり、ハチに追いかけら
れたり、熊を撃ったり(うそ)に夢中になっては、いつも夕暮れまで遊
んでしまいます。そしてたいていはそのまま夜を迎え、帰ってこれま
せん。おもちゃ店の店長である信さんなのですが、こんなふうに、3カ
月にいっぺんほど、だいたい2カ月半ほど、いなくなってしまいます。
山から出てくることができず、泣きながら迷いつづけるのですが、し
かし必ず信さんは無事に帰ってくるのです。まあそんなところが信さ
んの魅力でしょうか(なんだそりゃ)。


そんな信さんもさすがに五十路を迎えては、身の危険を(やっと)感じ
始めました。ウンコ騒動のようなことはもうゴメンだ、と。
考え始めてから3年ののち(長すぎ)信さんは結論を出しました。それ
は「僕、イヌ飼うから」というものでした。「僕は帰れないけど、イヌって
帰れるでしょ。あとはついて帰ればいいだけの話じゃん?」と得意気
に店員であるBさんに語りだしました。
Bさんは「それ、なんか違うんじゃないですか」そうツッコもうかと何回
も思いましたが、よく考えたら信さんにかまっているヒマはないので仕
事に戻りました。信さんはBさんがあまりかまってくれないので寂しく
なり泣こうかと思いましたが、イヌのことを思い出して再び笑顔を取り
戻すと、そのままペットショップへと走り出しました。

ペットショップは10km離れたとなりの町にありましたが、信さんにはど
うでもいいことだったようです。4.5km地点にさしかかったとき、道ばた
に箱のようなものがあるのを信さんは見つけました。減速し、足踏み
をしながら箱をのぞくとそこにはなんと、イヌがいたのです! 


「イヌだあ!」信さんは叫びました。そういえば今朝のめざましテレビ
でなっちゃんが「牡羊座の人はスポーツにツキがありそう!」なあん
て言っていたよなあ、などと思いながらも、自分がなに座なのかは知
らない信さんでした。そんな信さん、喜びを体中で表現しながら、来た
道を戻り始めました。「体中で喜びを表現」しながら走る男、信さんを
見た、巡回中の警察官は職務質問をしようかと思いました

が、コワイのでやめました。

                                       


店に着いた信さんは、お客さんをかきわけ、Bさんを見つけると「ほら
イヌ!道にいたんだぁ。ほらあ、見てよカワイイでしょ?たぶん」と言
って、信さんも初めてそのイヌの顔を見ました。イヌは4.5kmの道のり
を揺られ続けたためか、それとも元々そういう顔なのか、Bさんには
わかりませんでしたが(もちろん信さんにもわかりません)顔には表情
らしきものはなく、ましてやどう見ても山から帰るどころか「このイヌ自
分の名前も覚えられなさそう」な印象を受けました。
「このイヌ、信さんを山からつれて帰ってくるなんて出来ないと思いま
すよ絶対」、はっきりそう言おうかと何度も思いましたが、やっぱりこ
んなことをやっている場合ではなく忙しかったので、ムシしました。


イヌは「WAO(ワオ)」と名付けられ、やっぱり信さんを山から連れ帰
ることはできないイヌでしたが、今ではなぜか<専務>としてオモチ
ャ店の経営の一角を担っているのです。


おわり